斜面防災

◆災害現場の対応◆

豪雨や長雨により発生する

地すべり・斜面崩壊・土石流 など

様々な現場に対応いたします。

私たちは、要請があれば24時間365日

調査要員を迅速に派遣し、緊急点検等をサポートします。

現地踏査のほか、点検時には

ドローンによる空撮(可視カメラ・赤外線)

ロープアクセスによる現地点検

各種観測計器の設置 etc.

様々なご要望に対応いたします。

◆道路防災点検、斜面法面点検診断◆

道路の災害発生源である斜面・法面

道路防災点検(安定度調査や定期的なカルテ点検)のほか、

宅地等に近接する斜面・法面の点検・診断

につきましても、実施しております。

お気軽にご相談ください。

◆砂防基礎調査◆

土砂災害防止法に基づく基礎調査(=砂防基礎調査)は平成31年度を目標にすべての都道府県で完了する予定です。平成30年現在、石川県をはじめ多くの自治体で砂防基礎調査が完了し、その成果を豪雨時などの避難体制に活用されています。

私たちの業界ではこのように、事業の終わりが見えたことでSFFシステムやGISエンジンのバージョンアップ等に対応が難しいなどの理由から、この分野について事業規模を縮小し、新たな技術者を育成しない傾向にあるのではないでしょうか?

砂防基礎調査を行った地区では今後ハード整備が進められ、対策後には特別警戒区域等の見直が発生します。

また、砂防基礎調査の対象外であった地区で以下のケースでは新規(初回)調査を行うこととなります。

 新たに宅地造成された場合

 地形改変があって対象となった場合

 地すべり・急傾斜地・砂防などの新規事業を開始する場合

このように、砂防基礎調査の業務は現在も少なからず発注され続けております。
当社は砂防基礎調査の事業実施初期段階から”地すべり”・”急傾斜地の崩壊”・”土石流”すべてに対応してきました。

現在でも継続して実務を実施しております。

お気軽にご相談・お問合せを下さい。

私たちの業務成果が土砂災害から尊い人命・財産を守る一助になればと考えております。

◆UAVによる空撮・現地調査◆

最近の動向として、UAVによる空撮を活用した調査・点検が当たり前になってきました。

 

当社では、DJI製MAVIC2(PRO/ZOOM)、Parrot製ANAFI/ANAFI THERMAL 計4機種のドローンを保有しています。現地状況や調査目的に応じて機種を選定し、皆様のニーズに最適なサービスを提供します。

※北陸地方・石川県・金沢を拠点とする同業種の中でも、珍しいと思います。

 

これらの当社ドローンは、国土交通省の『無人航空機に係る承認』を受けており、山間部の調査はもちろん、住宅密集地における構造物点検にも対応可能です。

 

可視画像による撮影のほか、赤外線カメラを搭載したドローンを活用し、斜面・法面の湧水状況や微地形、構造物のひび割れや”うき”・陥没等損傷の調査も可能です。

 

是非、当社にご相談・お問合せを下さい。

 

誠心誠意、全力でサポートさせていただきます。

◆対策工事の設計・施工計画・施工管理◆

防災・災害対策工事に必要な

現地状況調査

地盤調査

対策工の検討・設計

施工計画

施工管理など、

対策事業に関する多種・多様な案件に

対応しております。

お気軽にご相談・お問合せ下さい。