BLOG

ドローン申請3

2019/11/25

我が社のプレデター=Parrot製ANAFI THERMAL
(赤外線カメラ搭載ドローン)でも申請を試みました。

プレデターの許可および承認事項は、
MAVIC2シリーズと同じ
”航空法第132条の2第6号及び第7号
 ・「目視外飛行」においての飛行許可
 ・「人また物件から30mの距離」を定めずの飛行許可”
の他、市街地での構造物点検も視野に入れ、
”航空法第132条第2号:「人又は家屋の密集している地域の上空」においての飛行許可”
もチャレンジしました。

本日、申請から2週間程度、修正なしで無事審査終了との案内が、
ドローン情報基盤システム(Drone/UAS Information Platform System)
から届きました。

ドローンでできる業務の種類・場所ともできる範囲が広がりました。